お知らせページ

ホーム > お知らせページ

にゃんがたセンタークリニック開設に向けたキックオフイベントを開催しました

清々しい青空の下、5月19日(日)午後1時から新潟市民プラザにて、にゃんがたセンタークリニック 開設に向けたキックオフイベントを開催いたしました。来場者は一般の方と関係者を合わせて412名とほぼ満席の中、クリニックへの理解を深めるだけでなく、ご来場くださった皆様と一体になった素晴らしいイベントになりましたことをご報告いたします。

最初に主催者を代表して新潟県動物愛護協会会長星野伊佐夫様から開会のご挨拶があり、続いて、来賓の皆様からご挨拶を賜りました。新潟県知事花角英世様からはクリニック開設に向けたお祝いとアニマルウェルフェアが広まることへの期待、新潟市長中原八一様からは、家族の一員としてのペットの大切さ、新潟県獣医師会長佐藤博様からは獣医師会が取り組んでいる幅広い事業のご説明とワンヘルスの取り組みのお話をいただきました。また、新潟県議会議員、新潟市議会議員等、数多くのご参列もいただきました。

基調講演では、女優・公益財団法人動物環境・福祉協会Eva理事長の杉本彩さんから動物愛護法改正に向けてのお話がありました。動物虐待の現状とその解決のために何が必要か、スライドによる悲惨な写真も含め詳しい説明に涙されるお客様も多くいらっしゃいました。生体展示販売やアニマルカフェなど営利を追求する業者への厳罰化も望まれますが、結局は、私たち消費者の意識が変わることが最も大切だというお話は、深く考えさせられました。

続いて、にゃんがたセンタークリニック開設に向けて新潟市動物愛護センター長の登坂友一さんから、新潟市の現状と展望についてのスライド説明がありました。行政ができることには限りがある中で課題を解決するために知恵を絞った結果、官民共同のクリニックの必要性に至ったと話す登坂さんは、会場の皆様が熱心に耳を傾ける様子に胸がいっぱいになったそうです。「新しいことを始めようとした時、障害をクリアして扉が開いたら、今までとは全く違う景色が見える」という言葉でその感動を伝えていました。
 
シンポジウムに移り、総合司会のフリーアナウンサー大杉りささんからに代わって新潟動物ネットワーク代表の岡田朋子がコーディネーターを務めました。最初に各ゲストのお人柄やこれまでの経験がナレーション動画で紹介されたところで会場の雰囲気は一気に和らぎました。(続く)

008.jpeg
     新潟県知事 花角英世 様

011.jpeg
     新潟市長 中原八一 様

 013.jpeg
     公益社団法人新潟県獣医師会 会長 佐藤 博 様

006.jpeg
     一般社団法人新潟県動物愛護協会 星野伊左夫 会長

017.jpeg
     公益財団法人動物環境・福祉協会 Eva 理事長 杉本 彩 様

020 2.jpeg
     新潟市動物愛護センター 所長 登坂友一 さん

 033.jpeg
     シンポジウム

014.jpeg
     総合司会 フリーアナウンサー 大杉りさ さん
 

フリーアナウンサーの伊勢みずほさんから、動物を愛する一飼い主としての気持ちと責任感についてと、新潟市動物愛護協会が長年取り組んでいる野良猫の不妊去勢手術助成金制度を支えるチャリティーTシャツのPRがありました。新潟県動物愛護協会副会長の永松亮一さんからは、中越地震、東日本大震災を経験して、行政、獣医師会、動物愛護推進員、動物愛護団体、そして一般市民の皆さんの連携と、そこで培われた信頼関係が今に繋がっているというお話がありました。千葉からお越しいただいた黒澤理紗さんからは、幼少期からの純粋な気持ちが原動力となって、不幸な野良猫を獣医師という立場で減らしたいと、2017年から約4年間、新潟市内に初の不妊手術専門病院を開設するに至ったお話を伺うことができました。杉本彩さんからは、ご自身が暮らす京都市では動物ボランティアの育成制度があり、半年かけて様々なことを学ぶ仕組みがあるとお聞きし、素晴らしい先進例だと思いました。加えて、新潟の取り組みは全国に誇れるものだという嬉しい言葉もいただきました。

 

今回のシンポジウムで特に理解を深めていただきたかったのが「多頭飼育崩壊とは何なのか」です。動物の問題ではなく、人の問題であり、高齢や独居、孤独や孤立など、社会全体で解決すべき課題が背景にあるからこそ、福祉分野との連携が欠かせないのです。会場には協力獣医さんや関係者の皆さんも多数参加され、事業の運営には多くの方々の支えが必要なことも、会場の皆様にご理解いただけたように思います。

展示ホールでは、新潟県動物愛護協会、新潟県獣医師会の啓発ブースのほか、新潟市動物愛護協会のチャリティTシャツ販売、EvaやNDNの物販ブースなどに多くの人が立ち寄り賑わっていました。

お配りしたアンケートには112名の方から回答をいただきました。チェック式ではなくコメントを記入する形式にも拘らず、多くの方がA4の用紙を埋め尽くすほどのご意見、ご感想を書き込んでくださいました。この集計結果については後日、ご報告したいと思います。

遠くは県外からもお越しいただき、会場内の全員が1つの仲間になったような気持ちとなった1日でした。ご来場くださった皆様、ありがとうございました! クラウドファンディングでサポートしてくださったレディーフォーの担当者お二人も駆けつけてくださり、ありがとうございました。最後に、この場を借りて、陰でご尽力いただいた県や市の関係者の皆様、ボランティアで参加してくれた国際ペットワールド専門学校の26名の学生さん、一般ボランティアの方々、NDNスタッフに心から感謝いたします。

本当の意味で不幸な命がない社会に向けて、引き続きのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。
 
一般社団法人新潟県動物愛護協会
新潟動物ネットワークNDN
新潟市動物愛護センター
メンバー一同
024.jpeg      
    シンポジウム 黒澤理沙さん、伊勢みずほさん、永松亮一さん、杉本 彩さん

021.jpeg
  コーディネーター 新潟動物ネットワーク 代表 岡田朋子さん

IMG_2558.jpeg
 一般社団法人新潟県動物愛護協会

IMG_2548.jpeg
   新潟市動物愛護協会

037.jpeg
   公益財団法人動物環境・福祉協会 Eva

IMG_2584.jpeg
   公益社団法人新潟県獣医師会
   
IMG_2580.jpeg
   協力金のお願い   

035.jpeg

IMG_2564.jpeg

IMG_2582.jpeg

市民公開講座を開催します




お問い合わせ
トップにもどる